乱視とは

乱視について知っておこう

コンタクトレンズや眼鏡を使用されている方で、乱視のある方って結構多いと思います。じつは、私もそうです。近視だけの場合よりも、さらに見ずらくてやっかいですよね。

 

乱視って、物がぶれて見える・・・という感じで、何となくのイメージはわかっても、「乱視とはどういうこと?」と聞かれると、難しくて答えられないのではないでしょうか。

 

乱視とは、近い遠いに関係なく、どこにもピントが合わない状態です。全体的にぼやけてしまう感じなんですね。だから、とても見ずらいのです。

 

どうしてそうなってしまうかというと、角膜や水晶体がゆがんでしまっているからなんです。角膜や水晶体は、カメラでいうレンズの部分です。このレンズの部分がゆがんでしまっているので、ピントが合わなくなってしまうのです。

 

実は、ほとんどの人は目にゆがみがあって乱視状態なんですよ。考えてみれば、人間の目に全くゆがみがないという方が不自然なことですよね。ただ、多少のゆがみによるピントのずれは、脳が自然に修復してくれるので、問題はないのです。

 

ゆがみが大きくてピントのずれが大きくなると、コンタクトレンズや眼鏡で矯正しないと、視界がぼやけてよく見えなくなってしまうのです。

 

乱視の人は、暗い所ではよけいに視界がぼやけて見ずらく感じませんか?これは、人の目は暗い所では瞳孔が大きく開くためです。物が見える仕組みは、瞳孔から入ってきた光が網膜の上で像を結ぶからです。

 

瞳孔が大きく開いていると広い範囲から光が入ってくるので、結ばれる像も大きくなってしまうのです。そして、ピントのずれも大きくなってしまうというわけです。

 

乱視の状態のままでいると、目の筋肉はピントを合わせようとずっと緊張したままでいることになります。これが、疲れ目の原因になってしまうのです。

 

疲れ目がひどくなると頭痛を引き起こしてしまうこともあるので、要注意です。きちんと乱視用のレンズを使用して、矯正することが大切なのです。