乱視用カラコン 選び方 レンズサイズ

レンズサイズ(DIA(直径)と着色直径)で選ぶ場合

カラコンを選ぶ時は、カラーやデザインだけでなく、レンズのサイズも重要になってきます。カラコンのレンズサイズには、DIA(直径)と着色直径があります。

 

DIAは、レンズの直径で「Diameter(直径)」の略です。着色直径は、レンズの色がついている部分の直径です。両方とも、単位は「mm」です。

 

レンズサイズの測り方は、レンズを潰さずに湾曲したままの状態で測る方法と、レンズをつぶして平らにして測る平面測定があります。どちらで測るかによって数値が全く変わってくるので、どちらで計測されているかを確認してくださいね。着色直径は平面測定の場合が多いようです。

 

カラコンは、DIAよりも着色直径によってつけた時の印象が変わってきます。DIAが大きくても着色直径が小さければ、デカ目効果は低くなってしまうわけなんですね。着色直径が大きければ、それだけデカ目効果も高くなるのです。

 

ただ、着色直径が大きければ良いというわけではないんですよ。日本人の一般的な白目と黒目の比率は「1:1.5:1」といわれています。そして、黒目が大きく可愛く見える黄金比率は「1:2:1」なんです。

 

黄金比率を無視して、目の小さい人が着色直径の大きいカラコンをつけると、白目部分のバランスが少なくなってしまって、アンバランスになってしまいます。白目部分がほとんどなくなって、いわゆる「宇宙人」状態になってしまうんです。

 

可愛いというよりは、ちょっとおかしな雰囲気になってしまうので気をつけてください。黄金比率に合ったサイズのカラコンを選べば、白目と黒目のバランスが良くなって、違和感なく黒目が大きくなり、可愛く見えますよ。

 

自分の目に合った黄金比率のカラコンを選ぶためには、目の大きさを測る必要があります。目がしらと目じりの白目の端の部分までの長さを、定規で測ってみてください。

 

黄金比率が「1:2:1」ということは、「目の大きさ÷2」があなたに合う着色直径ということになります。つけまつ毛やメイクで目を大きく見せた場合は、もう少し大き目の着色直径でも違和感がないかもしれません。

 

目の大きさが30mm以上ある人は目が大きい方なので、あまりサイズを気にしなくても大丈夫でしょう。

 

黄金比率よりも小さいカラコンをつけると、どうなるのでしょうか。日本人の黒目の大きさの平均は12.5mmなので、それよりも大きいカラコンであれば、さりげなく黒目が大きくなって自然な目力が出ますよ。

 

接客業や厳しい職場や学校など、カラコンをつけていることがばれたくない場合には良いかもしれませんね。